坐禅会

坐禅は、習禅にはあらず。ただこれ安楽の法門なり。

道元禅師は『普勧坐禅儀』の中で、「坐禅は、習禅にはあらず。ただこれ安楽の法門なり。」と説かれ、坐禅は特別な技法を習うことではなく、身心を休めてただ坐ることで、「今ここ」の自分自身に立ち返る、安らかに生きる入り口であると示されています。

※坐禅会は休会中です。