仏前結婚式

画像をクリックすると大きく表示します。

 

み仏の御前において、新郎新婦が将来を誓い合う儀式が仏前結婚式です。仏教の信者であれば、どなたでも仏前結婚式を挙げることができます。

結婚式はお寺の本堂や式場で行われます。お祝いの飾りで彩られた本堂に、いつもとはまた違う印象を受けられることでしょう。

仏前結婚式をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

式次第

来賓・親戚着座(鐘一会・二会)誘導司会
新郎新婦・媒酌人入堂(鐘三会)
式師入堂(七下鐘)

一、開式のことば
司会
一、式師上香三拝
式師と共に合掌礼拝  ・全員
一、献灯・献花
仏前に灯・花を献ずる  ・稚児
一、啓白文捧読
両人の式を仏祖に奏上する・式師
一、浄めの文
吉祥水にて両人を清浄ならしむ・式師
一、睦みの式
壽珠を授け両人を結ばしめる・式師
一、三帰礼文
帰依の唱え・一同唱和・全員
一、お盃ごと
新郎新婦・父母・親戚固めの盃
一、誓いのことば
新郎新婦が仏祖に誓う・新郎新婦
一、式師示訓
式師
一、壽ぎの黙想
新生活の門出を祝って黙想・全員
一、式師上香三拝
式師と共に合掌礼拝・全員
一、閉式のことば
司会
一、両家親族紹介
新郎方・新婦方
一、退堂

三帰礼文

式師:自ら仏に帰依したてまつる
一同:まさにねがわくは衆生(しゅじょう)とともに
大道(だいどう)を体解(たいげ)して
無上心(むじょうしん)をおこさん
式師:自ら法に帰依したてまつる
一同:まさにねがわくは衆生(しゅじょう)とともに
深く経蔵(きょうぞう)に入(い)りて
智慧海(うみ)の如くならん
式師:自ら僧に帰依したてまつる
一同:まさにねがわくは衆生(しゅじょう)とともに
大衆(だいしゅう)を統理(とうり)して
一切無礙(いっさいむげ)ならん